久々の更新になってしまいました…!
引越しすることになったと書きましたが、引越し準備から引越し後の生活を軌道に乗せるまでがとっても大変だった!!
少し落ち着いてきたので、またブログを書いていこうと思います!

今回は、若さについてのお話✦

妊活には若さが大事!

女性はいつまでも若々しくありたいと願うものですが、とりわけ妊活においては非常に重要な要素です。

若さが数値で現されるのですから、無視できないですよね…汗

その若さの数値というのが、AMH(抗ミュラー管ホルモン)です。
AMHの数値が高ければ高いほど、妊娠しやすい傾向にあると言われています。

AMHは卵巣に成長途中の卵子がどれだけあるかをはかるもの。
AMHが低いと卵子の数が少なくなってきているということ。
自然排卵が起こりにくいだけでなく、排卵誘発に反応しないことが多くなり、卵胞が発育しないということがあります。
卵巣機能低下がすぐそこまできてるといえます。

http://www.fukuda-hp.or.jp/koala_club/578.html

年齢が若くても、AMHの数値が低い場合もあるし、年齢が高くても、AMHが高いという人もいます。
一方で、外見が若々しい人ってAMHの数値もなぜか高い、、なんて言われたりします。
AMHの数値に関しては、実年齢よりも見た目年齢の方が関係しているのかもしれないですね。

しかしながら、AMHは他のホルモンとは違って、数値を改善するのは難しいと言われているのです。
それはそうですよね…。卵子の残りの数を表している数値なのですから。

ところが、AMHの数値が高いからといって、卵子の質がいいとも限らないのです。
そこが難しいところ。
結局のところ、卵巣機能が若くても衰えてきても、質の高い卵子が製造できれば十分ということになるでしょう。。

AMHの数値を上げることは残念ながらできませんが、若々しいということは、すなわち健康ということ。
健康であれば、卵子の質もよくなります。

数値だけで落ち込むことはありません!
カラダの若さを取り戻すことで、卵子の質を上げることができますよ!!

カラダだけでも若々しくいられるようにしていきましょう✦

秋から冬は老化しやすい…!

秋から冬にかけて、悩むことと言ったら何でしょう?

多くの人が悩むこと、それは「乾燥」ではないでしょうか??

秋が深まってくると、空気が乾燥してきて、冬も引き続きカラッとした空気が続きます。
この乾燥が老化に影響を及ぼすのです。

老化を別の言葉に言い換えると、「枯れる」なんて言われます。

肌が乾燥したり、髪の毛がパサついたり、爪が割れていたり
肘やかかとがガサガサ…
カラダがそんな状態だと、老けて見えますよね…。

まさに、「枯れている」状態(;ω;)

乾燥する秋から冬の時期に、ケアを怠ると、どんどん老化してしまうのです。

うるおいを補おう

中医学では、陰と陽が自然界のベースにありますが、「」はうるおいを指します。

老化とともに、陰が減っていくのです。

そのために生活の中で陰を補って、減らないようにすることで生命を保っています。

老化にブレーキをかけるためには、陰をしっかりと補う生活をすることが大切なのです。

陰を補う生活を送ろう

陰を減らさないために、薬膳的な観点から、生活で気を付けることをまとめてみました✦

①夜にしっかり睡眠をとろう

一年の中で、陰の時期というのは秋から冬です。
1日の中でも陰の時間があります。

それはです。
夜の時間は陰がたっぷりある時間。
その時間はカラダも静かに過ごすことが大事。

すなわち睡眠をとるということ。

しっかり寝ることで、陰が補われます。
詳しく言うと、陰に属する「血」が肝に戻って、浄化されます。
しっかり寝ることができれば、血の状態がよくなり、カラダの陰も消耗されずに済むのです。

②陰を補う食べ物を食べよう

陰を補う食べ物は…

貝類、豚肉、卵、ごま、松の実、小松菜、アスパラガス
牛乳、チーズ、枸杞の実 など。

脂分を多めに含む食材も多いですね。

ダイエットするために脂質を控えている方もいるかもしれませんが、若さには多少の脂質が必要です。
程よい油も摂るようにしていきましょう。

おすすめはごまです✦

ごまは、必ず擦ったり潰したりしていただきましょう!
ごまの殻は硬いので、殻を割っておかないと、栄養が吸収できないのです。

③保湿しよう

肌の保湿も大切です。
肌のカサつきはもちろんのこと、肌のバリアが弱ってくると、カラダの水分が抜けていってしまいます。

全身のうるおい不足に繋がってしまうのです。
しっかり肌を潤すことでカラダのうるおいを保つことができます。

秋から冬はアンチエイジングに力を入れよう!

秋から冬にかけて、乾燥する季節ではありますが、自然界では陰に満ちている時期です。
つまり、アンチエイジングにはぴったりな時期と言えます。
その自然の流れに乗って、陰をしっかりと補っておくことが大切です。

動物は冬に冬眠するように、冬はたくさん寝ることが自然の営みに沿った生活。
よく寝て、寒い時期に採れる食材をたっぷりいただき、乾燥を予防する。

基本的なことだけれど、実践できている人は少ないでしょう。
この基本的なことを行えるかどうかで若々しくいられるかどうかが決まります。

陰を補うために、
若々しくいられるために、
生活を少し見直してみませんか?

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す