妊活、不妊治療って本当に辛いですよね…。
私も渦中にいる時は、今まで生きてきた中で一番辛いって思いました(´;ω;`)
今回はそんな妊活や不妊治療中に感じた辛さについて綴ってみようと思います。

努力が報われない

妊活・不妊治療を長期間していると、
おそらくみなさん相当な努力をしてらっしゃるかと思います。
私もたくさん努力をしたつもりです。
食生活の改善、定期的な運動、規則正しい生活などなど…。

不妊治療をすれば、
痛い注射、高額な治療費、嫌いな薬、不快な膣錠や坐薬、
痛みを伴う検査、長ーい待ち時間その他諸々…。

こんなにたくさん耐えて、からだのためと思っていろいろ考えて、
たくさん調べて行動に移して努力に努力を重ねても

なかなか結果が出ないっっっ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

それが一番の妊活・不妊治療の辛さだと思います。

みなさん、今までいろんな経験をしてこられたでしょう。
学生時代、入試や試験などでの勉強、
それから部活での辛い練習。。
社会人になれば、販売職や営業職の方であれば目標やノルマがあったり
他の職種では納期などがありますよね。

いろんな辛いことがあったかと思います。
けれどそういった経験というのは、
努力すれば結果がついてくることが多かったのではないでしょうか?
または、結果が出なくても、自分の中で
納得、消化することができたのではないでしょうか?

私はそうでした。
初めて勉強で努力をしたのは大学入試に向けてでした。
結局、大学入試の勉強をめちゃくちゃしましたが、
運良く推薦試験で合格したので、学力の結果はあまり関係なくなりました(^_^;)

それでも今まで勉強したことないくらい勉強しましたし、
小論文の書き方や面接などもたくさん練習して、
自分なりにめちゃくちゃ努力しました。
結果的に第二志望の大学に行けることになり、満足いく結果となりました。

また、中学高校とバドミントン部に所属しており、
どちらも過酷な練習をくぐり抜けてきました(;ω;)
からだの限界かと思うくらい、からだを酷使しました。。
でもその結果、個人ではシングルスで3位に入賞したり、
ダブルスでは優勝したりすることができました。
学生時代は、努力すれば結果は必ずついてくるんだ!!と、
信じてやみませんでした。

そういった経験があったこともあって、
不妊治療をして直面したのが、
努力も報われないときがある…という現実です(´༎ຶ۝༎ຶ)

それは今までにないくらいのメンタルへの打撃でした。。
気持ちの持っていきどころがわからない(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

私はその時は、夫に話して慰めてもらうことが気持ちの安定を保ってくれました。
あとはノートにその時の気持ちをズラズラズラと書きまくる
それから大好きな神社やお寺でゆっくり時間を過ごす…。
そんなことをして気持ちが落ち着くのを待ちました。

結局このどこへもやり場のない気持ちは
時間が解決してくれるのを待つしかないのです。。
または、辛い治療を続けて、メンタルを維持する…。
何かをやっているときというのは、
気持ちにフォーカスしないで済むので…( ; ; )

努力が報われないということが、
こんなに辛いことだとは思いもしませんでした(´;ω;`)

他人の幸せを素直に喜べないブラックな自分

そして友達とか知り合い、あとはテレビで知る芸能人の懐妊のお知らせ。。
自分が妊娠したいと思って妊活や不妊治療をしていると、
そういう情報は時に打撃になります。。

特に移植後、陰性とわかった後の懐妊の知らせを聞くと
めちゃくちゃ凹みますよね…。
本来は嬉しいことなのに、素直に喜べない自分がいて
それを受け入れられない(´;ω;`)

こんな自分、自分じゃない!
こんな自分、嫌いっっっ!!!ってなってしまいますよね。。

私は、そんなブラックな自分になるのが嫌で、
自分に嘘をついていました。
自分が妊娠しなくて羨ましいけれど、やっぱり喜ぶべき!と
本当の気持ちを押し殺して、「いい人」を演じる…。
自分のために。
今考えれば、気持ちに嘘をついていたな、と感じます。
素直じゃないなぁ…。

でも、しょうがないことです。。
一つの事象であっても、見る人の立場が異なれば、
全く違うように目に映るものです。
別に妊娠したいと思っていない人や独身の人は、
おめでとうー!とフラットな気持ちで言えると思いますし。

でもブラックな自分が顔を覗かせても、拒否しないでください。
陽があれば、陰もあるのです。(陰陽説①陰陽説②)
まずはこんなブラックな自分もいてもいいと、
受け入れることが大切だと今では思います。
そして、他人は他人、自分は自分、と
一区切りすることが大切だと思います。。

期待してダメだった時の凹み具合

妊活・不妊治療していると、google先生に聞きまくりませんか?
私は妊活中は、検索魔になっていましたよ〜〜〜/(^o^)\

移植後陽性反応が出た人の症状とか、めちゃくちゃ読んじゃいますよね。
それで、あ!私も同じような症状ある!とか思って、
期待しちゃいますよねーーー…。

で、ダメだった時(´;ω;`)
めちゃくちゃ凹む…。

あとは、先生から、卵の状態もいいですね、ホルモン値も十分です、
とか言われてヨシっ!イケるぞ!と思った後に陰性とか…。

ものすごい凹みます…!!!!

期待すると、ダメだった時の落差が半端なくて、
立ち直るのが大変でした(´;ω;`)

期待しちゃうものだと思います。。
特に不妊治療していると。
こんなにお金かけてるし!とか、
こんなに辛い思いしてるし!とか、
先進医療駆使してるし!!とか思っちゃって。
どうしても投資しているみたいな感覚になってしまうんですよね。

だけど、不妊治療はそういうものじゃないんです…。
多少は医療技術はありますけれども、それがすべてじゃない。
だから、メンタルの維持が大変なんですよね。

辛い気持ちの特効薬は…!

そんな辛いときというのは、
やっぱりパートナーに寄り添ってもらうことが一番の癒しになるなと感じました。

そして辛い経験をしたからこそ、絆は深まるんじゃないかと思います。
黒い自分をさらけ出すことによって、
弱さを知り、支えてもらうことができる。

実際に、不妊治療をしているカップルは、
私の知る限りでは、割と仲の良い夫婦が多い気がします。
優しい旦那さんがたくさんいるんだな、と思いました。

自分を客観視することも薬になる

それから、自分が思っていることとか、
考えていることを紙に書き出してみる
すると、第三者の立場から自分を見ることができます。

そんな自分に、声をかけてあげるならどんなことでしょうか。
自分で自分を励ますことも、
悲しみや辛さを軽減することにつながります。

成長と捉える

そして、辛い気持ちを存分に味わい切ったあとは、
これらの辛い経験を成長と捉えるようにすると、
前を向けると私は思います。

どんな辛いことにも意味がある。
この経験から得られる学びはなんだろう?と自分に問うてみる。
すると、たくさんの成長に繋がることが見つかることでしょう。

私は妊活・不妊治療を通して、本当に辛い思いをたくさんしました。
だけど、不妊治療をしていなかったら、
同じような経験をしている人の痛みはわからなかったと思います。
妊娠の仕組みも詳しく理解できていないでしょう。
どれだけ妊娠・出産が奇跡的なことであるかも
わからなかったでしょう。

妊娠・出産した今でこそ言えることですが、
不妊治療をしたことによって、
妊娠・出産の喜びが倍以上になりました。
子供が本当に愛おしい。
大切に育てよう、という気持ちが強くなりました。
何もせずに自然に授かった人よりも、
子供に対する想いは絶対に強いと自負しています。

治療を支えてきてくれた夫に感謝の気持ちを強く持ちました。
夫の真剣に考えてくれる姿勢も見ることができて、
今後もこの人と一緒ならどんなことでも大丈夫だと思えました。

他には、私は薬膳を学んで妊活に取り入れました。
どうしたら妊娠につながるような食事ができるだろう?と真剣に考えました。
すると、いろんなことがわかり、薬膳の知識も深まりました。

こうして考えてみると、妊活・不妊治療を通して
自分はたくさんの成長の機会を与えられたんだなと感じます。

前を向いて

今、不妊治療中の方は、本当に辛い時期だと思います。
ご自身が思っている以上に、本当に頑張っていると思います。
お仕事をしながらの方もいらっしゃると思いますし、
二人目不妊の方は、お子さんをつれての通院や預け先との調整も
大変なことでしょう。。

だけど、そういう辛い経験や大変な時期というのは、
きっと自分の中で何かの成長に繋がっているはずです。

しばらくは悲しみに浸ってもいいでしょう。
けれど、味わいきったら、前を向いて欲しいなと思います。
メンタルケアに繋がるようなお話も
更新していけたらなと考えています。
私は妊活している方を心から応援しています!
願いが叶いますように…( ˘ω˘ )★

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す