新型コロナウイルスが流行し、
ついに緊急事態宣言が出されました。
外出も自粛するよう国や自治体から要請が出ています。
多くの著名人も感染していて
志村けんさんが亡くなったことは
私もかなりのショックを受けました。。

特に高齢者や持病を持つ方は
運が悪いと死んでしまう恐れだってあります。
そしてうちにもいますが1歳に満たない赤ちゃん。
まだ身体も未熟ですし、死亡例もあります。
身近に該当する方がいるととても心配になります。

妊活にも影響が…

産婦人科のお医者さんなどの専門家や公的機関からは、
妊娠や不妊治療を延期することが呼びかけられています。
妊娠中に新型コロナウイルスにかかってしまったときに
現段階では胎児への影響がはっきりとしないためです。

年齢や身体の状況やその他もろもろの理由で
早く妊娠したい!と思う方も多いかもしれません。
だけどやっぱり命は大切。
このピンチの中で、考え方を変えて
チャンスを見出していきたいですね。

今できること、やるべきこと

都市周辺に住まれている方は、
多くの方が在宅勤務になっているのではないかと思います。
在宅勤務はいかがですか?

私の夫も今この時期は、在宅勤務をしています。
在宅勤務になって、朝の時間に余裕ができて
いつもは絶対やらない洗濯物干しをしてくれたり
お昼のランチに家族で一緒に食べたり
平日の夜なんて、一緒に食卓を囲むなんて
あり得ないことだったのですが
在宅勤務だとそれが現実になっています。

みなさんはどうでしょうか?
旦那さん、奥さんと接する時間が
増えたのではないでしょうか?
自分の時間に余裕ができたのではないでしょうか?
寝る時間が早くなりませんか?

妊活は生活と深くつながっています。
からだは生活によって変化するからです。
今できること、それは、
生活習慣やからだを整えること。
時間が多くできた今だからこそ、
やっておきたいことを書いてみたいと思います。

①朝、日差しを浴びる

朝日を浴びると、
体内時計がリセットされることがわかっています。
朝のこの習慣が夜の睡眠の質を左右しています。

私はベランダに出て深呼吸した後、
そのまま部屋の換気もしています。
お部屋に朝の澄んだ空気を取り入れるのです。
換気すると湿気対策にもなるし、
何より気分がいい!おすすめです。

②湯船にしっかり浸かる

忙しい現代人。
普段お風呂はシャワーで済ませている方も
多いかもしれませんね。
しかし、湯船に浸かることは、
健康にとって、妊活にとって
非常に有効なことです。
腰痛や膝痛、生理痛など、
痛みがある方には特におすすめです。

血行が改善されて、
栄養が全身に行き渡りやすくなります。
血行がいいということは妊活の上では
とっても重要なポイントです。

湯船に浸かる時に
できれば自然塩のバスソルトを入れると
保温効果が高まるのでおすすめです。

  

妊活女性におすすめなのが
女性ホルモンを出させると言われるローズの香り。
イライラしやすい方には柑橘系がいいですよ(・ω・)/
リラックスを求めるならラベンダー

ご自身のからだの傾向や状態、気分に合わせて
バスソルトを選ぶのもいいですね✦

③寝る!

寝ることって、
どんなにいい食材をとることよりも100倍大事!
私は寝ることが健康の土台になっていると思っています。

時間のある今、21時就寝を目指してみましょう!
21時に寝られれば基礎体温も高くなって、
婦人科系の疾患がある方は改善が見られるかもしれません。
まずは一週間続けてみてください。

ちょっとだけやさしくなる

それからもうひとつ。
ちょっとだけやさしくなって
いろんな人に接してみてください。

犬や猫、ぬいぐるみなど、
肌に気持ちいい感触を感じると
オキシトシンというホルモンが分泌されます。
優しさを持って接することは、
これらと同じようにオキシトシンが分泌されるそうです。

オキシトシンは「幸せホルモン」と呼ばれています。
オキシトシンは幸せ感を増やし、
不安感を小さくしてくれるのです。
不安感が蔓延する世の中では
意識してオキシトシンを分泌させることが
平和に繋がる一つの方法だと思います。

どうしてもメディアは政府の出した決定に
批判的な意見を発します。
それをそのまま鵜呑みにすると
不安感が増大してしまいます。

政府の方々も大変な思いをしながら
国民のために頑張ってくれているのです。
少しだけ優しさを持って情報に触れてみてください。

旦那さんや奥さんに対しても
優しさを持って接してみてください。
優しくされた方もオキシトシンが分泌されます。
身近な人の間で優しくなると
その優しさは広がって世の中のためになっていくでしょう。

希望を持って!

世の中が不安定な状況だと
どうしても不安な気持ちになりやすいのですが
マイナスな気持ちになっている時って
あまりいいことはありません。
危機感という意味では行動を起こすのに
起爆剤になりますけどね…。

よく笑ってよく食べて、
好きなことをして、体を整えて、
明るい未来を想像しながら
希望を持って過ごせたら
きっとこの先も
良い結果を得られるんじゃないかと思います。

外出できない状態ならいっそのこと
家で楽しんで過ごせることを考えませんか?
自分を愛でるチャンスです。
がんばっていきましょう〜!!!!

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す