人のふとした行動や発言に、モヤっとしてしまったり、イライラがおさまらなかったりしたことはありませんか?
他人の行動から見える自分の心について、お話ししたいと思います。

人の振り見て我が振りなおせ?

子供の頃から親に、「人の振り見て我が振りなおせ」と言われてきました。
他人の嫌だなぁと思うところは、自分はやらないように気をつけなさい、という意味です。

それは大人になっても時々思い出す事で、
「あぁ、この人のこんなところ、よくないな〜」と
思った後には、自分は他の人に対して同じようなことをやらないように気をつけようとしたものです。

「人の振り見て我が振りなおせ」は、確かに間違っていないと思います。
自分がやられて嫌なことは、自分はやらないように気を付けるのは、正しい行為ですよね。
しかし最近、自分から見る「他人」について、こういう意味付けだけではないんだと気づき始めました。

他人は自分の鏡?

時々、「他人に対して嫉妬したら、自分にも同じような才能があるということ」とか、
「他人の嫌なところが目についたら、それは自分で自分に対して嫌だと思っているところ」とか言われたりします。

そういうことをまとめて「他人は自分の鏡」というふうに言われたりします。
確かにそうだなとも思ったりしますが、もう一つ踏み込んでみると、さらに深い意味が見出せます。

相手を見ながら自分と対話している

人は1日のうち、およそ5万語ほど自分と対話しているといいます。
意識していなくとも、自分で自分に話かけているのです。
この対話がどんな内容かで、他人を見たときにどう思うのかが変わってきます。

例えば、自分がある人に対して何かをプレゼントしたとします。
その人は、自分に対して特にお礼を言わなかった。
その時自分は「何この人。お礼言わないなんて失礼な人。」と思った。

自分で思ったこと、感じたことはいろいろありますが、「プレゼントをあげたけれど、相手はお礼を言わなかった」という事実に対して、自分でいろんな意味づけをしているのです。

もしかしたら、お礼を言わなきゃ愛されない、と思っていたり、何かをあげなくちゃ人と仲良くしてもらえない、と思っている場合もあるかもしれません。
感謝されるために、何かをプレゼントしているのかもしれません。
それを価値観と表現します。自分が、価値を置いていること。

この価値観は、自分の思っていることを奥深く追求していかなければわからないことです。
行動の一つひとつを、どんな思いで動いているのかを追究しなければ、見えてこないのです。

例の場合、お礼を言わなかった人に対して、ネガティブな気持ちがわいていますね。
他人に対してネガティブが思いが沸き上がったとしたら、自分に対してネガティブな対話をしている可能性が大きいでしょう。

自分にかけている言葉は?

例えば自分が何かをして失敗してしまったとき。
自分に対して、「何やってんだよ、失敗しちゃったじゃん」とか、「〇〇をやらなかったからうまくいかなかったんだ、面倒くさがらずにやればよかったんだよ」とか、責めるような言葉をかけていたとしたら、他人に対しても厳しくなってしまう。

逆に、「次頑張ればいいんだよ」とか、「失敗しちゃったけど、ここはすごくよかったね」とか、励ますような言葉を自分にかけられていれば、他の人に対しても優しくなれる。

他人が失敗したときにかける言葉は、必ずしも自分とはイコールでない事も多いです。
他人には優しい言葉をかけられていても、自分には厳しい言葉をかけている人は多いでしょう。

日常の小さなことでも同じ。
例えば、会社で大失敗して、上司にすごく怒られて、残業して処理して帰ってきた日。
心身ともにものすごく疲れていますね。
洗濯物も、洗い物もたくさん溜まっていて、ごはんも作らなきゃいけない。
そんなとき、さっさとやらなきゃ!と思って疲れている体に鞭打ってやるのか、別に急ぐことでもない、と明日に回せるものは回し、食事もお惣菜で済ませてしまうか。

前者は、「やることはやる!さっさとやるんだ!」と声をかけてる。
後者は、「疲れているなら、休息を最優先にしようね」と声をかけてる。

一見、前者の方が「しっかり者」に見えるけれど、他人にもそれを強要してしまう恐れが高い。
自分にも他人にも優しくできるのは後者の場合が多いのです。

自分に優しい言葉をかけた方が得をする。

私は最近ようやく、自分が厳しい言葉を自分にかけていたんだなと気づきました。
厳しい言葉を自分にかけていると、他人の言動にモヤっとしてしまいます。

自分が自分を攻撃していることが多いから、他人から攻撃されていると感じることも増えてしまうのです。
他人から受けたと思っている攻撃は、被害妄想です。

特にしっかり者と言われる人は、自分を追い詰めていることが多いです。
(私もそうです。)
自分を甘やかすくらいでちょうどいいのかもしれません。

他人の言動にモヤモヤする人は、自分に必要以上に厳しくしている場合があるかもしれません。
意識して優しい言葉をかけるようにすると、少しずつ世界が変わってきます。
いろんな人が優しい人に変わってくるでしょう。

私もまだまだ修行中です。
一緒に頑張っていきましょう!

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す