2020年7月よりレジ袋が有料化となりました。
レジ袋が有料化になって、ちょっとメンドくさいな〜、とか、ゴミ箱にセットする袋を買わなきゃいけないのも手間だな〜とか、いろいろ意見がありますよね。
あなたはどんな反応でしたか??

私は、自分の行動レベルでは、買い物だったり日常のビニール袋との付き合い方が今までと変わる点について、ネガティブな思いは多少あります。
しかし、環境問題や地球規模で見ると、いい方向への動きなんじゃないかなと思います。
今日は環境問題について、中医学的視点も踏まえて綴ってみたいと思います。

ビニール袋と環境問題。

先日、たまたまつけたテレビでやっていた、ビニール袋が引き起こす環境問題。
どんな内容だったかというと…

  • ビニール袋が海に捨てられていることで、魚やクジラ、イルカなどの海の生き物が過って食べてしまい、死んでしまう
  • 海の生き物が死んでしまうことにより、生態系が崩れてしまう
    → ひとが食べる海の幸にも影響が及ぼされる。
  • 自然に還らない素材のため、自然を汚してしまう
  • 細かく砕かれたビニール袋は、空気中に巻き上げられ、大気の汚染にも繋がる
    → 空気中には細かいプラスチックゴミが確認できる。
     人体にも悪影響が及ぼされる。(肺に入り込む)
  • ビニール袋は可燃ごみに分類される自治体が多いが、燃やすことによって有害な物質を生む
    → ひとのホルモン分泌に悪影響が及ぼされる。

ざっくりとこんな感じの内容でした。
‘→部分’が自分たちに関係してくるところ。

自分が使っているビニール袋が自然破壊に繋がっているなんて、思ってもみないはずです。
ほとんどの人が故意に海へ直接ゴミを捨てているわけではないでしょうから、自分が環境問題を引き起こしているとは思わないはずです。
しかし、ビニール袋を使っているだけでも大きな環境破壊の問題になっているのです。
自治体からゴミを捨てるときに義務付けられているゴミ袋がビニール袋なので、誰もが環境に悪影響を与えることから逃れられないわけです。

私はこのテレビ番組を見て、なんだかモヤ〜〜〜っとした感覚がありました。
自分が環境に対してできることって少なくて、今の生活は環境に悪影響ばかり与えていて、それを変えることは自分一人の力ではどうしようもないことが多い、と思ったのです。

私はちょいちょい環境に配慮した発言をしているらしく、夫に「壮大だよね」と言われたことがあります。
私は意識して環境問題に取り組んでいるわけではないのですが、環境に優しい生活をしたいと思って生活しています。
そう考えるようになったのは、薬膳を学び出した頃からだった気がします。

中医学と環境問題。

中医学では、考え方の根底に「整体観念」があります。
整体観念というのは、2つ意味があります。
一つは、人のカラダの中でも、例えば肝と肺が協力して気を巡らせているように、一つの臓腑だけが一つの役割を担っているわけではなく、複数の臓腑がそれぞれに影響を及ぼしながら健康を維持している、ということです。
そしてもう一つは、自然と人体は一体となっていて、人のカラダは自然からの影響を強く受けている、ということ。

つまり、人のカラダは、人体の外側=自然・宇宙から強く影響を受けていて、また同時に、カラダの内側でも各臓腑が影響を及ぼし合っている、ということです。

私は中医学のこのような考え方が好きです。
中医学のベースとなっている陰陽説や五行説は、古代哲学から生まれた理論。
このような哲学的な話を聞きながら、きっと脳みそや細胞に、この考え方が染み込んだんじゃないかな〜なんて思います。

だから、環境に配慮した洗剤を使うようになったし、ゴミもなるべく少なく出すようにするようになったし、量より質を重視するようになったんだと思います。

せっかく地球に生まれて生かされているのだから、地球に優しい生き方をしたい。
生きている以上、自然に影響を受けているのだから、自然を守っていきたい。

自然と、そういう風に考えるようになりました。

環境問題は自分の問題にもつながる。

大きな視点で言うと、先ほどご紹介した通り。

  • 環境に配慮した生活を送ることで、大気汚染が緩和されて、自分たちの吸う空気がきれいになる。
    肺のダメージを抑えられたり、ホルモン分泌も異常がなくなる。
  • また、海のゴミが減って、海の生き物たちが安全に暮らすことができたら、生態系が崩れない。
    ひとが食べる海の幸がたくさんとれる。

そんないいことが、自分たちの身に起こるようになります。

ミクロ(個人)の視点で言うと、どんなことがあるのか…?
私個人の考え方で説明しますと…

  • 排水を汚さない洗剤で洗濯したり、食器を洗ったりすることで、肌へもダメージが少なくなる
  • 綿や麻などの自然素材の服を選ぶことで、肌へのダメージが少なくなる。
  • 食品のトレーや紙パックなどをリサイクルに出すことで、ゴミが減ってゴミ袋の節約になる
  • 布ナプキンや布ライナーを使うことで、肌へのダメージを減らし、お腹の冷えを緩和できる

こんなところでしょうか。
私が取り入れている環境への配慮したちょっとした行動です。
環境に良いことというのは、自然のものを上手に活用すること。自然のリズムに合わせること。
それはカラダにも優しいものが多い気がします。

科学や技術が発達して生活はとっても便利になりました。
しかしながら、環境破壊に繋がることも少なくありません。
たくさんのモノが生産されている今、「選ぶこと」が求められていると感じます。
自分本位のモノの選び方に偏らないよう、しっかり考えたいところですね。

自分が選んだモノは、自分にも影響を与えています。
どんな小さな選択も、全て自分になっていく。

利便性と環境問題のバランスを考えながら、モノを選ぶようにしていきたいなと考えています。

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す