五行説は、自然界のあらゆるものを5つのエレメントに当てはめたものですが、人間のカラダにも当てはめることができます。
中医学では、人体を小宇宙とします。
この小さな宇宙の中で起こる変化を体調の変化として私たちは感じているのです。
今回は、五行の木をカラダに当てはめたら?という観点でお話ししていきます。

五行の「木」はカラダに当てはめると「肝」

のびのびとしていたい木は、カラダに当てはめると、「」に当たります。
「肝」というと、西洋医学では「肝臓」のことです。
しかし、「肝臓」だけのことを指しているのではなく、働きなども含まれます。

「肝」はイライラをコントロールしている

肝は、情緒と深い関わりがあり、特に怒りの感情を司っています。
中医学では、カラダの中を気が絶え間なく巡っていると考えますが、肝は気の巡りを司る働きがあります。

気は川の流れのようであり、川の水がたっぷりとあり、絶え間なく流れていれば正常の状態ですが、流れが滞ってしまうと水が濁ってしまったり氾濫してしまったり、あるいは水の量が少ないと干上がってしまって枯れてしまうなんてこともあるかもしれません。

気の巡りが悪い状態は、川の流れが滞り、沼のようになってしまっている状態。
ヘドロが沈殿してしまい、水が濁ってしまいます。
この沈殿したヘドロがストレスです。
ストレスが溜まるとイライラしてしまいますよね。

五行の「」が司る感情が「」だったことを覚えているでしょうか。

これと同じことが言えます。
肝は気の巡りをコントロールしていて、肝の状態が悪くなるとストレスが溜まり、イライラしてくるのです。

「肝」は血を蓄える

肝臓は血液の浄化をしてくれますね。
中医学でも肝は血を蓄える役割があり、夜の間に血が肝に帰って、そこで血をキレイにしてくれていると言われています。
だからこそ、睡眠が大切になります。

しっかりと睡眠が取れていないと、浄化されていない血がカラダのなかを巡っていることになります。
浄化されていないのですから、しっかりと栄養を届ける効果は減り、毒素をカラダの至る所にばらまいてしまうことにもなります。

肝が働くのは午前1時から3時とされています。
この時間に深い眠りに入っていることが重要です。
しっかりと眠ることができていれば、血もキレイになって、カラダの隅々に栄養を届けてくれることでしょう。

「肝」は「目」に繋がる

肝と繋がりのある部位は、「目」です。
肝の状態が悪くなると目にも悪影響が及ぶのです。
寝不足になると、目が充血してしまったなんていう経験はありませんか?

これは、肝に必要な量の血がなく、同時に潤いもなくなってしまい、熱を持ってしまっている状態と言えます。
そのために目に赤い色の「火」の要素として現れているのです。

「肝」は「筋」に繋がる

肝は目だけではなく、にも繋がります。筋肉のことです。
肝の状態が不安定だと、筋肉にも影響が及ぶのです。
筋肉は気の巡りとの繋がりが深くあります。

肝の状態が悪くなり、気の巡りが悪化すると、肩こりに繋がります。
肩こりは筋肉が硬直して起こります。
逆に、筋肉を解してあげることで、血流が改善するとともに気の巡りも良くなってイライラが落ち着いたりすることもあります。

偏頭痛との関わりもあります。
偏頭痛は筋肉との関わりがありますね。
肝の状態を整えることで、偏頭痛も改善することができるのです。

「肝」は女性にとって重要な臓腑

肝は、ただ気の巡りを促して血を貯蔵するだけではありません。
他にもたくさんの臓腑との関わりがあります。
中でも女性にとって重要なのは、子宮との関わりがあることです。

子宮は「血の海」とも言われていて、血との関わりのある肝と強い関わりがあるのです。

女性は生理があるので、定期的に血が体外に出ていきやすいのも特徴です。
カラダの外に血が出て行ってしまうということは、血が足りなくなる状態になりやすいということです。
血が不足しやすいということは、肝の状態が不安定になりやすいことに繋がるのです。

繰り返しになりますが、肝が不安定になるとイライラしたり、血が不足して冷えたりしてしまいます。
肝の状態が悪いとPMS(生理前症候群)にもなりやすくなります。

もちろん妊娠にも影響してきます。
妊娠したい女性は、肝を整えることが重要なことの一つになります。

こういう人は「肝」の状態が悪いかも?

肝の働きや繋がりについて理解できたら、肝の状態をチェックしてみましょう。

  • 怒りっぽい
  • 不眠気味
  • 偏頭痛持ち
  • 眼精疲労を感じやすい
  • 生理不順
  • PMS(生理前症候群)

こんなカラダのサインがあれば、肝の状態が乱れがちになっているかもしれません。
ちょっとした不調も、カラダからのサインです。
こまめにチェックして、カラダの状態を整えていきましょう。

肝の状態を整えるにはどうしたらよいか?については、後日記事をアップしますね✦

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す