両親から受け継いだ生まれ持った性質、体質。
実は生年月日から性質(性格)や体質の傾向がわかるのです。
(傾向なので、絶対そうなる、というわけではありませんよ…!)

中医学の生まれた昔から、中医学の基礎である陰陽説五行説を基に占う四柱推命とカラダの今の状態を合わせてみる方法を用いて、治療が行われていたそう。

生まれた時の情報から割り出せる性質や体質の傾向
そして食生活や生活習慣によって今の身体が作られる。
それを合わせてみていくことで、身体を整えるためのコツや心の持ち方などがわかってくるのです。

不妊で悩んだ私の状態を見ていきたいと思います。

「金」の人の私。

私の生年月日から性質や体質を見ると、「」の人ということがわかりました。

金の人は人と仲良くなるのに時間がかかる。
他人と自分をはっきりと分けて考えていて、「自分」というものをしっかり持っている人が多い。
自分の中に、「こうあるべき」という信念みたいなものを強く持っていて、調子がいいとそれがいい方に働くし、調子が良くないと自分で自分を苦しめる元にもなる。

確かに当てはまる。
私はあまり仲の良い友達が多くない。とっても少ない。
自分のことを話すのに、警戒心が強すぎて、この人なら話せそう、と思うのに長い期間を要する。
だからあまり人に好かれたりすることもなくて、他の人みたいに気を許して仲良く過ごすことができなかったりする。
だから一歩置かれることが多いような気がしている。
「自分」はみんなとは違うもんな…、仕方がないよな、なんて考えることが多い。

体質で言うと、「」が弱りやすい。
風邪をひきやすかったり、鼻炎持ちだったり喘息持ち、気管支炎だったり。
はな、のど、肺が弱い。肌や大腸も弱りやすい。

そして免疫系疾患にかかる人が多いのも金の人の傾向でもある。
アトピーとかアレルギーとか。

私が不妊認定されたのも、免疫系のことが原因でした。
抗精子抗体」と言う、精子を敵とみなして攻撃してしまう抗体が、私の中にあったのが原因。

免疫性疾患にかかりやすいというのは、「自己」と「他者」を明確にする「金」の人の特徴が身体にあらわれたもの。
免疫は、自己(体)と他者(ウイルスなど)を分けて、それをからだから排除するための働き。
肺が弱るとその機能が異常に働いてしまったり、免疫が弱ったりするのです。

不妊になったわたし。

私は長らく生理不順で悩んでいました。
身体は冷えるし、生理はこないし。
中医学でいうところの、「」が弱っている状態です。

体質を見てみると、「」のバランスが悪すぎ。。
「水」のバランスが悪い人は、不妊傾向があるのです。
不妊にはいかなくとも、私と同じように生理不順だったり、婦人科疾患で悩んだりする傾向にあるのです。

この事実を知って、なるほどなという感じ。
」のバランスが悪いから、身体が冷えやすくて婦人科疾患を持っている。
そして「」の人だから「免疫性疾患」として不妊になった。

不妊を突破することができたのは…?

ここで、もう一度不妊解消できた原因について考えてみる。
(ホントのホントはわからないことが多いのですが、あえて考えてみる。)

わたしは「」の人。
「こうあるべき」というこだわりが強すぎる。
これがよく働くと、仕事では責任感を持って働くことができて信頼感を得たり、日常生活でもやるべきことをしっかりこなすことができる。

だけど自分を苦しめることもある。
「こうでなくちゃいけない」と自分を縛りつけてしまう。
これも妊活においてもそうであって。

健康的な食生活をしなくちゃ。
週に3回は運動しなくちゃ。
添加物は絶対避けなくちゃ。
夜0時には寝なくちゃ。

みたいに、自分の中のルールをたくさん持ちすぎて、辛くなってた。
こうすれば授かるはずって思って、からだに良いことをたくさんやった。
その思いが強すぎて、ダメだったときの「陰性」の判定に落ち込む。

たくさんの自分のルールが、知らず知らずのうちに自分の心を縛りつけていく。
けれど、「金」の人って自分で自分を傷つけていることに気がつかない。
これが普通。って思ってしまう。

不妊治療中のわたしはまさにその通り。
たくさん自分を縛り付けていた。
だから長くは続かない。
不妊治療も夫の転職を機に辞めることにした。

だけどそれが良い方向に働いたと思っている。
不妊治療をやめたことで、自分を縛り付けていた「ルール」を解くことができたのではないかと思う。
体調を整えてカラダのベースを良い状態に保てたことも一つだと思うけど、
心の縛りを解いて、気持ちをゆったりと持てるように過ごせたことも一つだと思う。

人によって考え方の癖、カラダの傾向がある

わたしのカラダの傾向や考え方の癖について書いてみましたが、ひとそれぞれ、体質の傾向も、心持ちや考え方も違います。
その傾向がわかれば、何か妊活にも応用できるかも?と思っています。

考え方の癖が、体質の傾向が、不妊からなかなか抜け出せない原因になっているのかもしれません。
それを知ることで、良い方向に動かすことができるかもしれません。
必ず不妊を解消できる!というわけではありませんが、自分の価値観や考え方を知ったり、カラダの弱い部分を知ったりすることで、身体のバランスを取りやすくなったり、考え方を切り替えたりすることもできるはずです。

私と似ている方は、もしかしたら「金」の人なのかも?
自分の体質や性質を知って、体質改善や考え方の切り替えをしてみませんか?

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す