(久々の投稿になってしまいました…。
お許しください!)

妊活中、一番大変なのって、
メンタルを保つことだと思います。
妊活の沼って、
メンタルの悪循環だと私は感じます。
そのメンタルの悪循環にハマらないために、
どうしたらいいのか?と言うことを考えてみました。

メンタルの悪循環を避けるためには

妊活中って、他の人と比べがち。。
友達や職場の同僚、親戚の
妊娠報告、出産報告を聞くたびに落ち込む…。

いいなぁ〜って素直に思うけど、
半分は、「なんで私は妊娠できないんだろう」
「羨ましいよ…」
なんていう自分責めだったり

「食生活や生活習慣を
全く気をつけてないあの子が
すぐに妊娠してずるい…!」
「なんでみんなそんなすぐに授かるの?」
などなど妬みの感情も出てきたり…。

人と比べるのって、
やるな、と言われても
無意識的にやってしまいますよね。

それは人と比べることしか
自分の立ち位置を認知できない
から
仕方のないことなのだけど。

だけどやっぱり比べちゃって辛くなる気持ち、
どうにかしたい…!

このメンタルの悪循環を
避けるためにできることって
「授かること」を目標にしないこと
なんじゃないかなと思います。

1.「妊娠」はあくまで通過点。

妊活していると「妊娠成立」
目線が行きがちですよね。

ですが、一度ゆっくりと
考えてみていただきたいのです。

もし赤ちゃんが産まれたら、
どんな生活をしたい…?
旦那さんと一緒に、
どんな子育てをしてみたい…?
赤ちゃんが少し大きくなったら、
どんなところに行って何をしたい…?
幼稚園では、どんなふうに過ごしてほしい?
どんなことに興味を持つかな??

な〜〜〜んて、
まだ姿形もない架空の自分の赤ちゃんを想像して
自由に未来を思い描いてみてはいかがでしょうか?

そんなふうに、自分の思い描く
「赤ちゃんのいる生活」。
そのイメージが鮮明に持てていると、
他の人の妊娠、出産に対して感じる感情が
少し変わってくるのではないのかなと思います。

視点がちょっと変わる感じ。
例えば、鮮明なイメージを持っていた時に、
赤ちゃん連れの家族を目にしたとする。

そんな時、赤ちゃんはどんな洋服を着て
どんなベビーカーに乗っていて
どんなおもちゃを持っているんだろ?

なーんて、そんな細かなところに
目がいくかもしれません。
そして、こんなの可愛いな、って感じたら、
自分の未来の子供にも買ってあげたいななんて
妄想がさらに広がったり。

そしてスーパーで騒ぐ子供を目にしたら
自分の未来の子供も、
産まれた何年後かは
こんなふうに手がつけられなくなるんだよな…
なんて、冷静にみれたりして。

妊活中の方は、もっともっと想像力
使ってみていただきたいのです。

見える世界がものすごく広がるはず。
見える世界が広がったら、
視点も変わって、
自分が感じることも変化する。

そんなふうに、少しずつ自分の中の幅を広げていく。

「妊娠成立」は人生のほんの一瞬である
ということを、時々思い出してみて欲しいなと思います。

2.自分を磨く経験だということを意識する。

妊活中ってとっても辛いけれど
自分の器を広げていくための試練でもある。
妊活を経験しない人にはわからない辛さを
理解できるようになれる。

妊活の知識も増えるけれど
辛い時にどうしたら楽になるか?を
必死になって考える。

その経験は、今後必ず役に立つはず。

今は現実が辛くて
そんな思考になれないかもしれません。
そんな時は、感情に浸ってみる時間も必要。
ひとしきりどっぷり感情を味わったら、
少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

3.妊娠しなくても幸せであると自覚する。

「幸せ」の定義ってなんでしょうね?
人それぞれ違うと思います。

妊活中は、「赤ちゃんができること」を
幸せの定義に組み込みがちですが
一度考え直してみていただきたいのです。

赤ちゃんがいたら、
それだけで本当に幸せなのでしょうか?

もちろん赤ちゃんがいる生活は幸せかもしれません。
けれども、実際に赤ちゃんのいる生活をしてみると
自分の時間がいっぱいあって、
好きな時に好きなことをできることというのは
本当に幸せなことだと感じます。
「赤ちゃんがいない生活も幸せだったな」と感じるものです。

結局、「ないものねだり」なのです。

それならば、今ある「幸せ」を数えてみてはいかがでしょうか。

辛い時に助けてくれる旦那さんがいて、
お金をいただけるお仕事もある。
自分の好きなものを選んで配置した家があり
自分の欲しい洋服にも囲まれている。

もっと言うと、
安全な水がいつでも蛇口をひねれば出てくるし
電気をつければ明るい照明もある。
冷蔵庫には食べ物が入っているし
なければコンビニも近くにあって
いつでも食べ物は手に入る。

私たちは、生きているだけで十分幸せです。

そのことにまず気づいて、
ありがたいな〜と感じてみる。
少しずつ苦しい気持ちも緩んでくるかもしれません。

視界広く持って。

どうしても苦しい時というのは、
視界が狭くなっているものです。

自分の殻にこもって、
どうしてダメなのか、何がいけないのか、と
自分を責めてしまいがち。

もし辛い気持ちになった時は
少し外へ出て、
水や風の音を聞いたりして
自然に触れてみてください。

私たちは、自然界に生かされているのです。

今、置かれている環境でできることに精一杯取り組み、
前向きに生きていくこと。
それが自分を全うすることだと思います。

上手くいかないことはたくさんあるでしょう。
しかしそれはただ単に、
タイミングが合わないだけかもしれないし、
何かを変える必要があると教えてくれているのかもしれません。

自分との作戦会議、ミーティングを設けて、
自分を否定せずに応援してあげながら
自分の気持ちを受け止めて
気持ちを解放してあげましょう。

他の人と比べてしまうのは仕方ないことだけど
くれぐれも自分のことを攻撃しないように
していきましょうね。

客観的に自分を見れることができれば
自分の偏りも認識できるかもしれません。

自分はどの方向に偏っているのか?
自分に必要なのはなんなのか?
ということを考えてみると、
糸口が見えてくるかもしれません。

もし、生まれ持った性質や、考え方、
身体にあった食べ物を知りたい場合は、
陰陽五行性質&体質診断を承っております。
(お悩みにも対応しておりますので、
陰陽五行から見えてくる対策もお伝えさせていただきます!)

妊活に励む方を私はいつでも応援しております( ˘ω˘ )
頑張りすぎず、整えていきましょうね。

投稿者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室・薬膳講座を開催。

コメントを残す