前回のお話では、自信のあった新鮮胚移植が失敗し、落胆しました。。
今回は、その時の診察での先生のお話や、今後の治療方針について綴っていきます!

先生も悩ましい表情…

陰性だった結果に、その日診てくれた先生も悩ましい表情をしていました。
胚盤胞までしっかり育って、しかもグレードも悪くない。
ホルモン値も十分にあるし、年齢も若い。

うまくいかない理由がない…!

だけどそれでも上手くいかないのが不妊治療の難しいところ。。
先生も、私のなぜ上手くいかなかったのでしょうか?との問いに
 失敗する要因は見当たらない。
 原因がなくても上手くいかないから難しいんだよね…。
との返答。。

子宮鏡検査を勧められる

たくさん卵を誘発させたため、次の周期はからだを休ませる必要があるようです。
そのお休み期間を利用して、子宮鏡検査をしてみませんか?と先生から勧められました。

子宮鏡検査とは、子宮の中を内視鏡で確認し、異常がないかを検査するものです。
もし子宮内にポリープがあったり、子宮の表面が凸凹だったりと
状態があまりよくなかった場合、着床の妨げになってしまいます。
着床障害の検査としても挙げられる検査です。

そしてこの子宮鏡検査、何も異常がなかったとしても、
生理食塩水で子宮の中をきれいに洗うので、
検査後は着床しやすくなるそうです。

診察前から、もし異常がなかったら、着床不全なのではないか…?
と考えていたので、子宮鏡検査を受けたいなと思いました。

OHSSになりかかっていた…!

診察で、
 お腹が張るのですが、卵巣の状態はどうなんでしょう?
と聞いてみたら、先生は、
 卵巣の張りは中強度OHSSの症状が出ています
とのこと…(´⊙ω⊙`)!
やっぱり!?なんかお腹張ると思ってたんだよねー…。。

ということで、私はOHSSになりかかっておりました。
重度の症状じゃなくてよかった(°_°)

加えて先生は、
 卵が出来やすい体質だから、誘発周期にした場合、
 卵が出来すぎて危険が伴いやすいですね。
 今よりさらに刺激を弱くして、時間をかけて卵を育てるという方法もあります。
 次回はそれを検討してみてもいいかもしれないですね。

とのアドバイスをくださいました。
同じ病院でも、先生によって治療方針が違うなーと感じた瞬間でした。
他の先生は、誘発周期をガン押ししてきたけれど、
こういうタイプの先生もいるんだなーと。
自分の納得できるやり方を勧めてくれる先生のもと、
治療を行うことがメンタルにもいいのかなと思いました。

お休み期間に検査と治療方針を考えることに

からだもこころも疲れたので、一度お休みの期間が必要になったことで
少しホッとした面もありました。

お休み期間は気分転換をしつつ、
夫と次からの治療方針について考えたいと思いました。

次回は、お休み期間中の子宮鏡検査のお話です( ˘ω˘ )

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す