無事に3度目の採卵を終え、受精確認もできてほっとした頃。
悪夢は突然やってきました…!

採卵後2日はゆっくり過ごした

採卵後、2日間はお仕事もお休みだったので
ゆっくりと過ごしていました。

採卵で麻酔を多めに使ったことや
たくさん卵が採れたということもあったし
そしてからだが黄体期に入ったということもあって
すっごく眠気が強くて、気怠い感じ。。

お仕事がお休みでよかった〜などと考えていました。

採卵後2日目の夜、急に異変が…!

夜、まだまだ眠気があってソファに横になっていて
そこから立ち上がったところ…!
下腹部に鈍痛が走りました(;o;)

歩くと、歩いたときの振動で下腹部に痛みが。。
これって…
噂のOHSS…!?
頭にOHSSの文字が浮かびました(´;ω;`)

しばらくベッドに横になり
眠気と痛みで動けなくなっていました。
しばらく休むといくらか楽になった気がするものの、
まだやっぱり痛い(´;ω;`)

夜中でしたが、念のため病院に電話してみることに。

翌日病院へ行くことに

電話をすると、OHSSとは言われなかったものの
明日診察に来てくださいとのこと。
仕事先にも連絡すると、
明日の体調を見て考えましょう、と上司は言ってくれました。

翌日、起きるとまだ痛みがあり、お腹も張りを感じる。
まずは仕事先に連絡。
上司は
 「今日は休んでください」
と言ってくれました。
本当にありがたいです(;ω;)
そのまま朝イチで病院に向かいました。

急患扱いを受ける…!

私が行っていた病院の予約システムは
ネットで取ることができるのですが
その日の予約はもういっぱい。。

通常の予約とは別に、
当日枠の予約を取ることができます。
そのときは受付開始の9:00に病院に到着し
予約を取る必要があります。
それでも前に並んでいる人がいれば、
9:30から診察開始で3人ずつ埋まっていって
遅くなってしまうと午前中の最終の12:30まで回ってしまうことも…。

不妊治療ってこういうのもすっごく大変なんですよね。。

それでその日は3、4番目に取ることができたのですが、
前日に電話を入れていたため急患扱いとして
早めに検査に回していただくことができました( ´ ▽ ` )

なんとありがたい。。
よく病院で
 「何かあったらすぐ電話してください
と言われますが、
少しでも心配だったら電話した方がいいですね。。
恩恵を受けました。。

検査は…?

OHSSであるかどうかの検査は、
どういうものがあったかというと…

まず尿検査をして、内診。
そのあと血液検査。
そして診察、という流れでした。

内診の結果…

内診してもらうと、
なんと卵巣が6cmも腫れていました(´⊙ω⊙`)

通常、卵巣の大きさは2〜3cmと言われていますので
約2〜3倍にまで腫れてしまったということになります。。
お、恐ろしい…!

この日もセンター長に診てもらいました。
お腹をポンポンと叩いて、
 「これ痛い?」
と聞いてきました。。

痛かったので素直に痛いです、と即答。

結局、OHSSという診察結果に。
お薬で様子見しかないようです。
抗生物質ロキソニン(痛み止め)
症状が治るのを待つのが一般的なようです。

2日後には治まった…!

お薬を服用しながら安静にしていたら、
2日後にはだいぶ治まりました。

今まではOHSSの症状は出ていませんでしたが
今回の採卵では多めに刺激もした上、
7個もの卵を採ることができたので
OHSSの症状が出たのだと思います。

しかし、低刺激周期でこれだけの副作用が出るんだったら
それ以上刺激したらどうなっちゃうんだろう。。
と怖くなりました((((;゚Д゚)))))))
やっぱり誘発周期は怖いです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

小さなことでも心配になったら病院に電話

今回のことで、どんな小さなことでも
心配事があったら、
念のために病院に電話をするべきだなと感じました。

一人でどうにかなるだろう、と思って対処をするのは
とっても危険だなと思います。

からだはやっぱり一番大事です。
早めに手を打てば、軽い状態で対処することができます。
それはとても大きなメリット。
からだからのサインを見落とさずに
しっかりとキャッチして対応するべきだと感じました。

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す