漢方薬を飲んで生理が5日で終わりました!
漢方薬の効き目に驚きました。
同時に移植周期に突入です!!
初めての漢方を服用しながらの移植周期。
変化は現れるのか!?

移植周期の体調は?

生理周期体温コメント
D136.64
D236.61
D336.60
D436.71
D536.57
D636.53
D736.66採卵後の診察。
D836.55
D936.46診察。
エストラーナ
D1036.42
D1136.34エストラーナ
D1236.49
D13エストラーナ
D1436.33
D1536.14診察。
エストラーナ
D1636.19排卵したと仮定。
晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]
D1736.26高温期1日目
朝晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]、エストラーナ
D1836.56高温期2日目
朝晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]
D1936.60高温期3日目
朝晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]、エストラーナ
D2036.63高温期4日目
朝晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]
D2136.53高温期5日目
朝晩[デュファストン、プロゲステロン坐薬]、エストラーナ
凍結胚盤胞移植

体調は良好で、風邪をひくこともありませんでした。
気分転換にいろんなところに出かけたりもしたので
気持ち的にも楽でした。
普段と変わらない毎日を送っておりました( ˘ω˘ )

ただ、あまり基礎体温が上がらなかったのが気になります…。
ベースも低め。
心配なところも少しあります。。

移植周期1回目の診察。

生理が始まったら、10日目くらいにきてくださいね、
と言われていたのですが、
祝日とかぶってしまったため、
9日目に診察を受けました。

今回はセンター長ではなく、主治医の女医の先生。
採卵後に診察してもらった時には
卵巣が最大6cmほどまで腫れ、
そのあとも5cmくらいまでにしか治まっていなかったのですが
生理9日目の診察で診てもらった時には
すっかり腫れは治まっていました。
一安心です。

生理9日目での内膜の厚さは6.6mm
まぁまぁの厚さでしょうか。

この日からエストラーナテープが始まりました。
これ嫌いなんですけどね(´・ω・`)

移植周期2回目の診察。

移植周期に入って2回目の診察は
生理開始から15日目でした。

内膜の厚さチェックでは、
なんと11.5mmもありました…!!
前回よりも2mmも厚みが増しました。
これも漢方のおかげかな?

排卵した環境を作り出すのに、
デュファストンプロゲステロン坐薬を処方され、
翌日から使用することになりました。

移植前の血液検査も受けました。
結果は翌日か翌々日に出るらしく、
もし血液検査の結果が悪ければ電話がかかってくるとのこと。

悪かったら、移植は中止になるんだろうか??
それかお薬を変更とか追加するのかな?
詳しくはわかりませんが、
電話はかかってきませんでした(*´ω`*)

移植は上手くいくのか!?

前回お休み期間中に
子宮鏡検査も受けました。

子宮鏡検査をした後は、
着床しやすくなると言われているので
少し期待してしまいます。

さらに漢方を飲んでいるからか
内膜の厚みもいい感じで
今回は本当にうまくいくんじゃないかという
期待が高まります…!

だけど撃沈したときのことを考えると
下げ幅が大きすぎて精神的に滅入りそうなので
あまり期待しないようにしました。。

さて、次回は移植のことについて
書いていきたいと思います(・ω・)/

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す