3回目の移植。
今回は漢方も取り入れていることもあって
体調も内膜の厚さもいい感じ…!
移植は無事終了するのでしょうか。。

仕事のスケジュール変更…!

不妊治療の日程というのはなかなか読めないものです。
仕事をしながらの不妊治療は難しい。
私も今回は移植の日が仕事の日・時間帯と重なってしまい
変更してもらいました。

この頃、とある整骨院で受付のパートをしていたのですが
もともと午後に仕事が入っていましたが
移植が午後になってしまったので、
午前中の担当の方に代わってもらいました。
こういう変更を受け入れてもらえるのがありがたいです…。
不妊治療は周りの協力なしにできないなと、
本当に心から思います(´・ω・`)

融解確認の電話は夫にお願い

そして午前中が仕事に変更になったため
たまたま仕事がお休みだった夫にお願いしました。
夫は初めて病院に確認の電話をすることになったので
とても緊張したようでした。

夫によると融解は順調とのことで一安心。
たまたまのお休みでしたが、
お願いできる状況はとても助かります(*´-`)

仕事後に急いで病院へ…!

仕事が終わったら、夫が運転する車で急いで病院へ。
今までは、たまたまお仕事がお休みだったので
ゆっくり準備していくことができていましたが、
仕事後に病院へ行くのはちょっとバタバタしました。

急いでいたので、大事なことを忘れてしまっていました(๑¯⌓¯๑)
それは、尿を溜めるということ…!

採卵時は尿を全部出してから手術するのですが、
移植時には、尿を溜めていた方が
子宮が持ち上げられて移植しやすいのだそう。
そのため、病院から尿を溜めておくよう伝えられていました。
ところが3回目の慣れということもあって、
そして急いでいたこともあって、
すっかり抜け落ちてしまいました。。

とりあえず、病院に到着してから
病院に設置してあるウォーターサーバーのお水を
3杯飲み干しました…汗

これですぐに膀胱に溜まるとは思えませんが
せめてもの努力です…(´・ω・`)

それから、移植前の血液検査をしてから
手術室へ向かいました。

移植の緊張は皆無。

3回目にもなると、移植するときの緊張感は
もうほとんどなくなってしまいました。。
移植自体は時間もかからず、
痛みもそんなにないので、
麻酔を使ったり痛みを伴う採卵の方がちょっとドキドキです。
精神的にも採卵の方が辛いです。

できることをした!

今回の移植では、できることをすべてしました。
卵が孵化しやすくなるAHA(アシステッドハッチング)
そして効果があるかはよくわからないけれども
オプションとして追加できるヒアルロン酸培養液も使いました。

そしたら費用が高くなりました(´・ω・`)
およそ16万…!たっか!
費用に関してはまた今度別の記事で。

今までの移植と違うこと。

3回目の胚盤胞移植。
今までの移植と違うことがありました。
それは、移植後にhCG注射がなかったこと。

間違いなのかな?と思って受付のお姉さんに確認したのですが
 先生からの指示は特にありません。
とのこと。
間違いではなかったようです。

そして判定日までのhMGもしくはhCGの注射の指示もなかったため
やはりホルモン値によるものかもしれません。

不安なところもありましたが、
今回はホルモン値も良かったのかもしれません。
これも漢方のおかげかな??

体調を整えて判定日を待つ!

今回はお仕事とかぶってしまったためバタバタしましたが
夫の協力もあって無事に移植が終わり一安心。

あとは体調を整えながら神に祈りを捧げ
判定日を待つのみです!

次回は漢方薬局のお話です★

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す