お悩み相談第二弾!
不妊治療経験者管理人ひとみがお答えします。

Q.夫とすれ違っている気がしています。

32歳会社員です。スキンシップが苦手で、行為そのものも前向きではありませんが、子どもを望んでいます。
苦手な性行為もなんとかしながら半年間自己流タイミング法を試しました。
しかし、自己流妊活はなかなかうまくいないため、不妊治療専門院に通ってタイミング指導を受けようかと思っています。

そんな中、夫との仲も少しギスギスしてきてしまっているように感じます。
夫から話を聞いてみると、子どもは望んでいるけれど、私の性行為の姿勢が子作りとしての行為としか感じられないのが不満なようです。

私としては、月経前症候群なのか、生理前のイライラがひどく、性行為を行える状態ではありません。
そもそもタイミングを取るのにもストレスを感じていて、どうしたらよいのか悩んでいます。

A.まずはカラダを整えてみましょう。

子どもは欲しいけれど、性行為があまり得意ではない、という方も少なくないことでしょう。
旦那さんとの関係が円滑でないと、妊活どころではないと感じてしまいますよね。。
「子どもが欲しい」とお互いが同じことを願っているのに、「どうしてわかってくれないの…。」と辛い気持ちになってしまいますね(;ω;)
排卵後(月経前)にイライラしてしまう、とのことですが、よく聞くPMSの疑いがあります。
まずはココロを落ち着かせること、カラダを整えることをおすすめします。

ココロとカラダはみなさんが思っている以上に深く繋がっています。
カラダの状態が乱れている時は、ココロが原因になっていることも少なくありません。
そしてココロに余裕を作るのも、カラダを整えることが第一歩になることもあるのです。

ココロの状態が不安定な時には、先にカラダにアプローチするのも一つの手。
まずはカラダの状態から整えてみましょう。

PMSにおすすめの食べもの

PMSの原因は、「気の巡り」が悪くなっていることが多くなっています。
目に見えない気の巡りは、自覚するのが難しいかもしれませんね。
気の巡りが悪くなっていると、イライラすることが増えたり、肩が凝ったり、食欲コントロールができなくなったりします。
カラダの循環が悪くなるので、頭はのぼせるのに手足や下半身は冷える、なんてこともあるかもしれません。

気の巡りを促すには、香味野菜香りの良いものがおすすめです。
具体的には、ねぎ、大葉、パクチー、ミント、みょうが、セロリ、玉ねぎ、ハーブ、みかんやレモンなどの柑橘類など。
積極的に摂ってみてくださいね。

それからおすすめしたいのは、ジャスミン茶やハーブティーです。
ハーブはローズ、オレンジピールなどが入っているものが良いでしょう。
香りの良いハーブティはココロにもリラックスをもたらしてくれますよ。

気の巡りを良くするアクション

そして、行動でも気の巡りを良くすることができます。

  • ストレッチをする
  • 散歩
  • ランニング
  • 入浴する

何か一つでもできそうなことはありましたか?
これらをみていると、気づくことがありますね。
全て、血流を促すことですね。

そうなんです。
血流を良くすることは、気の巡りを良くすることにもなるのです。
血流の一部は気の流れでもあるからです。

時間がなくてできない、という方は、エスカレーターやエレベータを使うところを階段で行ってみるとか、自転車よりも歩いてみるとか、家事の隙間で無駄に歩き回るとか、テレビをみている時間にストレッチをしてみるとか…隙間時間でできることを取り入れてみてくださいね。

気の巡りを良くするツボ

おすすめしたいのが、ツボを押すこと。
気の巡りを良くするには、「太衝(たいしょう)」というツボがおすすめです。

足の甲、親指と人差し指が交差するところの下あたりにあるくぼみが太衝。
ここを少し強めに3〜5秒ほど10回程度押してみてください。
気の流れを改善し、気分を晴れやかにしてくれるでしょう。

性交痛があるのであれば、陰が不足してるかも?

そしてお悩みの根本である、「性行為が苦手」ということですが、もしも性交痛があるとすれば、カラダの陰が足りていないことも考えられます。
性交ができないというのは、愛が足りないから、とかいう理由だけじゃないはず…!
カラダが原因のことも大いにあります。

カラダの陰が足りていないと、生理周期が短めだったり、手汗足の裏に汗をかきやすかったりします。
寝汗をかきやすかったり、カラダが火照りやすかったりすることもあるでしょう。
思い当たる節があれば、陰が足りていないかもしれません。

陰が足りていない人にオススメするのは、夜にしっかりと睡眠をとること。
人は睡眠により陰を補っています。
自然界の流れでは、夜が陰の時間。
夜にしっかりと質の良い睡眠をとることで、カラダの陰は補われます。

次に、海の幸をいただくこと。
特に貝類がオススメです。
貝類には陰を補ってくれる力があります。意識的にとってみてくださいね。

一人の時間を味わう

カラダが少し落ち着いたなら、ココロを整えることをしてみましょう。
旦那さんとの関係ですれ違っているように感じるのなら、意識的に一人の時間をとって、好きなことに集中してみてください。

旦那さんとの関係を良くしようと何かをしても、こういう時はかえってうまくいかないことが多いのです。
自分に集中して、思い切って自分を喜ばせることをしてみることで、いつの間にか関係が改善しているものです。

問題はちょっと置いといて、自分のココロを喜ばせることを最優先にしてみてくださいね。

生まれ持ったカラダの傾向を知っておく

今回のパターンで、気の巡りが悪かったり、陰が少なかったりするというカラダの傾向は、自分ではあまりわからないものです。
それでも生まれ持ったカラダの傾向というのはあって、生年月日からみることができます。

自分のカラダの傾向が知りたい!という方は、こちらを見てみてくださいね。

妊活を進めていく中で、たくさんのストレスがありますね。
それはあなただけではなくて、みんな同じです。
問題の角度は違くても、みんな同じように悩みながら進んでいるのです。

私はそんなあなたの手助けができたらいいなと考えています。
私はいつでも頑張るあなたの味方です。
お悩みがありましたら、お問い合わせよりご相談くださいね。
お待ちしております(^^)

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す