みなさんは、生理の状態はどうでしょうか?
私は生理が始まったのが14歳の梅雨の時期でしたが、それから26歳まで生理不順でした。

26歳から不妊治療を始めることになり、ホルモン治療などを行っていたので、その期間は測定不可能となりましたが、不妊治療を終えてからは生理不順が治りました。
治ったのにも、理由があります。
生理不順との闘いの記録を綴ってみたいと思います。

初めての生理不順改善策。

生理不順は、生理が始まってしばらくは安定しない、と言われています。
だから私もそのうち安定するかな〜と思っていました。
しかしなかなか安定しない。

中学生、高校生の時は部活にも入っていて(バドミントン部)、運動するのにも生理が来ないのも楽っちゃ楽で、中高の時は彼氏もおらず、妊娠するはずもないのであまり気に留めていませんでした。

大学生になり、現在の夫と付き合い始めました。
その時の経緯はこちら

20歳になり、流石にもう成人したから大人になったということだし、生理不順が治らないっていうのもやっぱり何かおかしいのかも…。彼氏もできたし、もしものことがあったら気づけないからどうにかしないとな〜と思い、近くの産婦人科を訪ねました。

そこの産婦人科は、高校生の時に性と生殖の授業で講演に来ていた先生の病院で、信頼性があったために行くことにしました。

初めて行く産婦人科はなんだか居心地が悪い。
妊婦さんばっかりで、私みたいな若い人がいたら、できちゃったから来たのかな、なんて思われているのかなとか他人からの目を気にしながら受診していました。
今となっちゃ、そんなこと気にしているほど暇じゃないと思うのですが、、若い時はやっぱり気になりますよね(´・ω・`)

診察室に呼ばれ、生理不順ということを相談しました。
初めての経膣エコー。
その時当時の彼(現在の夫)とはまだカラダの関係はなくて、私は処女でした…。
アンケートに、彼氏がいるかという欄があったので丸をつけましたが、先生は「彼氏がいる=カラダの関係を持っている」という認識で、「彼氏がいるのに入れにくいなー」とか言われました。。
そこでちょっと不信感。。
彼氏がいるからと言って誰しもがやってるわけじゃないんだよ、と思いました(・ω・`)

そして、あまりカラダの状態を聞かれずにピルでの治療を勧められました。
ピル飲んでれば生理周期は安定するよ、と言われて。

私はあんまりピルは好きじゃなかったのですが(薬を飲むのがそもそも嫌だった)、とりあえず先生の言うとおり飲んでみることにしました。

すると、なんだかカラダが重い…。
むくんでいるような気がする。
体重も2kgも増えた…。
眠気と吐き気もあって、なんだかカラダの状態が優れない。

続けたくないな〜と思いました。
しかし、ピルを飲んでいると生理はちゃんとくる。
当たり前か。ホルモンを調整しているんだもんね。

次の診察で先生に相談しました。
すると、3ヶ月は続けましょう、と言われ、とりあえずそのまま3ヶ月続けました。

でも改善しない。。
そのカラダのだるさや不快感が嫌になって、もういいや、と治療を投げ出してしまいました。。

子宮頸癌健診をきっかけに再度治療を開始。

そして月日は流れ、市から子宮頸癌健診のお知らせが届きました。
その時についでに生理不順の相談もしてみました。

懲りずに同じ産婦人科に行ったので、またホルモン治療。
また3ヶ月続けましたが、やっぱり嫌になってやめてしまいました。

そして就職して一人暮らしを始めることになりました。
その時もやっぱり生理不順で、半年こないということもありました。
流石にまずいよな、と思い、今度はその時一人暮らしをしていたところの近くの婦人科へ行ってみました。

漢方薬を使った治療を始める

その婦人科では、先生に治療の経緯を話しました。
ピルを使った治療をしてきたが、カラダに合わず、体調が優れない状態が続いたので、
できればピルは使いたくない、ということを伝えました。

先生は、身体は丈夫か?と聞きました。
私は風邪もあまりひかないし、運動部に所属していた経験もあって、体力にも自信があったので、「身体は丈夫な方です」と答えました。

そして処方されたお薬は、漢方薬の桂枝茯苓丸でした。
それと、先生は基礎体温つけてる?と聞きました。
私は面倒がってつけたことがなかったので素直につけていないと答えると、
まずは3ヶ月、つけてみて。と言われ、薬局で基礎体温計を買って帰りました。

帰宅して、その日の夜から早速桂枝茯苓丸を飲み始めました。
すると、寝ている間にカラダがポカポカしてきて血流がよくなるのを感じました。

これはすごい…!
初めて飲んだ漢方薬の力の凄さを体感した出来事でした。

そして翌朝から基礎体温の計測を始めました。

それから漢方薬を4週間飲んだら、その1ヶ月の間にちゃんと生理がきた!
漢方薬ってほんとに効くんだ…!と感動したのを覚えています。

それから1ヶ月に1回ほど通ったのかな…。
しばらく桂枝茯苓丸を飲み続けました。
そうするとやっぱりカラダの調子が良くて、生理はきちんと整いました。

ただ、基礎体温はなかなかきれいな2層に分かれることはなく、ギザギザで、若干差が分かるくらいのものでした。
今思えば、やっぱり食生活がいけなかったな〜というのがわかります。

引越しに伴い漢方薬を中断。

しばらくは婦人科に通い続けたのですが、結婚して半年後、夫の転勤により今まで住んでいた地を離れることになりました。
そして、通っていた婦人科ともさよなら。
引越し先で新たに婦人科を探さないといけなかったけれど、忙しさにかまけて先延ばしにして、いつの間にか漢方薬はなくなり、治療は中断してしまいました。

後半に続く。。

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す