前編では、生理が始まってから結婚して少し経った頃までの経緯をまとめました。
一人暮らしを初めてから行った婦人科で、生理不順を治すきっかけである「桂枝茯苓丸」に出会いました。
ところが、結婚して半年後、夫の転勤に伴い引っ越すことに。
婦人科とも別れを告げて、新天地へ向かいました。

また生理不順になった。

引っ越してからしばらく、3ヶ月分くらいは漢方薬をもらってきていたけれど、それもそこをつき、そのまま過ごすことに。
しばらく経つと、生理も来なくなってしまいました。

漢方薬なしじゃダメなのか〜〜〜と落胆…。
生理が来なくなって3ヶ月。
流石にまずい、となり、近所の婦人科へ駆け込みました。

引っ越してから通いはじめた婦人科も、運良く漢方薬を取り扱っている婦人科で、また同じく桂枝茯苓丸を飲むことになりました。
桂枝茯苓丸を飲んでいると、やっぱりカラダの調子が良くて、キチンと生理もくる。
しばらくは桂枝茯苓丸を飲み続けることにしました。

妊活・不妊治療を始める。

結婚してから1年以上経ったし、そろそろ子供ができてもいいかな、なんて夫婦で考えていて、しばらくは避妊しない生活を送っていました。
けれど、なかなか妊娠しない。。

原因をはっきりさせたい、と思い、私は不妊治療専門クリニックへ検査をしに行くことにしました。

ここあたりから、妊活記録に書いた通り、検査を受けた結果不妊判定となり、不妊治療に入っていきます。

今になって思うのは、不妊検査をしたことで、今の自分の状態にちゃんと向き合うことができたな、ということ。
それまでは、なんとなく生理不順で、なんとなく改善させようとしていたけれど、この時になって初めて「しっかり自分のカラダと向き合おう!」と思えた気がします。

不妊検査をして初めて、妊娠しやすいカラダに近づけなきゃ、と思いました。

妊活のカラダ作りを始める。

それから私は、冷えているカラダをどうにかするために代謝を良くしようとランニングに励み、生理不順(排卵障害)を改善するために砂糖断ちをしたり、いい卵子を作るために小食にしたりして、生活の中で改善できることをとことん取り入れました。

不妊治療は続きます。
なかなか妊娠に至らない私は、漢方薬局に行くことにしました
カラダの状態は前よりも良くなった気がするけれど、やっぱり根本的な冷えがどうしてもなくならない。
漢方薬局に行って、カラダをしっかり改善させたい!と思い、夫にお願いしていかせてもらうことにしたのです。

漢方薬局にて体質改善。

漢方薬局には、2~4週間に一度行き、たくさんの漢方薬を購入してきました。
いろんなものを飲みました。

基本的には気血を補うものが多かったように思います。
不妊治療をしている人は、多くの人が「婦宝当帰膠」という漢方薬を飲むことになると思うのですが、例外なく私も飲むことになりました。

婦宝当帰膠はカラダを温めて気血を補い、巡りを良くしてくれます。
めまいや貧血などを始め、生理痛や生理不順、更年期障害などに効果があるとされています。

飲み始めてすぐはあまり変化を感じることはありませんでしたが、じわじわとカラダが冷えないことや生理の状態がよくなっていることを実感し始めました。

不妊治療を引退してから自分のカラダの変化に気づく。

そして私は結果が出ないまま、不妊治療を止めることになりました。
夫がまた転勤(転職)となったためです。
私はホルモン漬けになったカラダと、ズタボロになったメンタルを少し休ませたくて、しばらく何もしないという選択をしました。

漢方薬は不妊治療中から1年弱くらい飲み続けたでしょうか。
不妊治療中はホルモン剤を使うため、生理周期や基礎体温も薬任せでした。
そのため自分のカラダの状態が把握しにくかったのですが、いざホルモン剤を飲まなくなると、自分のカラダの変化がよくわかりました。

カラダは冷えないし体温は全体的に上がった!
基礎体温もしっかり二層になってる!
不妊治療をしていたからか、排卵しそうな感じがよくわかる!

不妊治療を引退してから、やっぱり生理がくると落ち込みましたが、不順じゃなくてちゃんとくるのです。
それだけで、奇跡!
だいたい1ヶ月くらいでちゃんと生理がくる!
やっと、自分のカラダを信じられるようになりました。

生理不順を治すのに効果的なことは…。

これが、私の生理不順が治った経緯でした。
いろいろやりましたが、振り返って思うのは、漢方薬が生理不順改善の起爆剤になっていたのかな、ということ。
マイナスから0、0からプラスにするにはとっても大きなエネルギーが必要です。
数値をグイッと上げるには、漢方薬が効果を発揮すると思いました。

しかし、何もしないままだと、漢方薬を飲まないようになったらプラスから0へ、0からマイナスへとまた転落してしまう。
漢方薬を飲まなくてもその高さを維持するためには、生活習慣の改善が不可欠なんだと思うのです。
漢方薬って、口から入るものだから、極論を言ってしまうと食事と一緒。
食事と違うのは、効能の強いものを組み合わせて作られているから、パワーが全然違うというところ。

しかし漢方薬を飲んで改善したということは、つまりは食習慣が乱れているということじゃないでしょうか。
その改善の状態を維持するためには、それなりの食習慣の変化も必要ということなのです。

生理不順を改善するには、漢方薬の効果が絶大だったけど、自分の生活習慣の改善があったから、漢方薬によって改善された状態を維持することができた、と私は思います。

おそらく、漢方薬に頼らずに生活習慣を改善することで生理不順も良くすることはできると思います。
ただし、すごく時間がかかるし大変なんじゃないかと思います。
それならば、少し漢方薬の力を頼って、カラダのいい状態まで持っていってもらって、そして同時に生活習慣を見直して、底上げしてもらった良い状態を維持するのがいいと思います。

生理不順というトラブルに気づいたのなら、カラダを見直すタイミングです。
カラダのどこかに改善しなければならないポイントがあるはず。
そして、生理不順が改善することができたら、全くカラダの状態も変わっているはずです。

生理不順で悩んでいる人がいたら、参考になるといいな〜( ˘ω˘ )

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す