女性は思春期になると「月経」が始まりますね。
そしてほとんどの人が経験する「生理痛」。
あるのが普通と思っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの生理痛、中医学的には「ないのが普通」なんです。
痛みがある、ということは、カラダがSOSを発している、ということになるんです。
今回は生理痛についてみていきましょう。

なぜ生理痛は起こるの?〜西洋医学的見解〜

生理痛には、いろいろな症状があります。
頭痛、下腹部痛、腰痛などがよくある症状です。
まずは西洋医学的になぜ生理痛が起こるのかを見てみましょう。

生理の時にはプロスタグランジンというホルモンが子宮内膜で多く分泌されます。
このプロスタグランジン、子宮を収縮させて不要になった子宮内膜を外へ外へと出そうとするのです。
このおかげで子宮内をきれいにして、一度リセットすることができるのです。

しかし、生理の時に重要な働きをするプロスタグランジンは、炎症を起こしたり、痛みを起こしてしまうといわれています。
その結果、下腹部痛や腰痛を引き起こしてしまっているというわけです。
そしてプロスタグランジンが過剰に生産されることによって、頭痛が引き起こされると言われています。

なぜ生理痛は起こるの?〜中医学的見解〜

次に、中医学的に生理痛を見てみましょう。
生理痛の痛みの特徴は、「チクチクとした痛み」です。
この「チクチクとした痛み」は、「血の流れが悪い」と見なされます。
この状態を、「血瘀(けつお)」と言います。

中医学では「不通則通」という原則があります。
通らなければ痛む、ということです。
特に、血の流れが悪くなると、針で刺すような痛みがあると言われているのです。

そのため生理痛は、血の流れが悪くなって、通りが悪くなっているから痛んでいると説明されます。

血瘀の特徴は、他にもあります。

血瘀をチェックしてみよう

血瘀かどうかをチェックしてみてください。
生理痛がある人は、チェックが多くつくのではないでしょうか。

  • 生理痛がある
  • シミが多い
  • 経血が赤黒い
  • 経血がどろっとしている
  • 経血にレバー状の血が混ざっている
  • 舌の裏が青紫色
  • 舌が赤黒い
  • 舌にポツポツとした点がある

いかがでしたでしょうか?
もし1つでもチェックがついたら、血瘀の傾向があります。

でも、大丈夫!
改善する方法はあります。
カラダは「いま」の状態を表しているだけです。
少しずつ改善していけば、カラダの状態は整います。

生理痛を改善するには?

生理痛を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。
血瘀を改善するアクションをご紹介します!

  • お砂糖を取りすぎていないかチェック!

血瘀の九割が、「白砂糖」が原因と言っても過言ではないくらい!
甘いもの、好きではないでしょうか?
白砂糖を生活からなくすだけでも、生理痛は改善されるでしょう。

砂糖断ち、やってみてください…!
カラダが変わるのを実感できるはずです。

  • 巡りを良くしよう

カラダの気の巡りが悪いと、血流にも影響します。
運動したり、ストレッチをしたり、いい香りを嗅いだりなど、気の巡りを良くするアクションを取り入れてみてくださいね。

  • はと麦茶を飲もう

巡りを良くするのにおすすめなのが、はと麦茶。
基本的には、カラダの水分代謝を改善するはと麦茶ですが、巡りをよくする漢方薬によく使われています。
はと麦茶には、不要なものを排出する働きもあって、よく美肌に取り入れられたりします。
「薏苡仁(ヨクイニン)」とも言われていて、美白化粧品なんかにも使われています。
(正確には、はと麦の外の皮を取り除いたものが、薏苡仁。)

そんなはと麦茶は、余分な血の塊(血栓)を排出してくれる働きもあると考えます。
巡りを良くするために、ぜひ飲んでみてくださいね。
おすすめは、はと麦100%のお茶。
麦茶とブレンドされていたりするので、注意が必要です。

痛い時には無理をしないで

いくつか根本治療となるアクションをご紹介しました。
まずは1ヶ月、続けてみてください。
もし甘い物好きな方は、砂糖を摂らないようにすることは大変かもしれませんが、カラダのためを思ってそこは少し頑張ってみてください。
砂糖の摂りすぎを止めるだけで、カラダは驚くほど改善するはずです。
そして生理痛も改善されるでしょう。

けれど生理痛が辛い時には、無理せずに鎮痛剤を飲むことも自分に許可してあげてくださいね。
痛みを我慢することほど辛いものはありません。

痛みを我慢せずに、上手に取りながら、カラダのバランスも整えていきましょうね。

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す