甘いものって美味しいですよね〜( ´∀`)
私も甘いもの大好き!!
けれど、甘いものの摂りすぎって
妊活に悪影響しかないっていうこと、
ご存知でしたでしょうか…?(´⊙ω⊙`)

今回は、妊活において砂糖がダメな理由
改善方法について綴っていきたいと思います!

現代社会には白砂糖が溢れている…

今の社会って、砂糖だらけなんです。
砂糖と一口に言っても色々ありますが、
今回忠告したいのは、砂糖の中でも白砂糖のことです!

そもそも「砂糖」と言われているものの種類はたくさんあって
白砂糖、グラニュー糖、粉砂糖、三温糖、きび砂糖など…。
これらはすべてサトウキビから作られていて、原料は一緒です。
何が違うかというと、精製の度合いから分かれています。

一般的に使われているのが、白砂糖、グラニュー糖です。
最も精製されており、不純物が取り除かれているため、
白く見えるのです。
ちなみに三温糖は茶色いですが、
ほとんど白砂糖と成分的には変わりありません。
精製されたのちにカラメルで色付けされているそうです。

お店には砂糖がたくさん

スーパーにあるお菓子やパン、スイーツ、お惣菜など
あらゆるものに使われているお砂糖というのは
大体白砂糖やグラニュー糖でしょう。
試しに商品の裏側にある成分表示を見てみてください。
美味しいものには大体「砂糖」の表記が見つかるはずです(^^;)

そしてチョコレートなんか、
一番最初に「砂糖」と書かれています。
成分表示は、多いもの順に書く決まりがあるので
チョコレートの成分構成で最も量が多いのが
砂糖ということになります。
他にも砂糖の比率が最も多いお菓子は
たくさんあることでしょう。

この精製された白砂糖がからだに害を与えるのです。

白砂糖を摂りすぎるとどうなる?

世の中に溢れかえっている白砂糖ですが、
これを摂り過ぎるとどうなるでしょうか?

病気を発症しやすくする

砂糖を大量摂取すると、血糖値が急上昇、急下降、乱高下します。
これがさまざまな病気を生み出します。
糖尿病をはじめ、心臓病腎臓結石のリスクを高めたり、
肝機能の低下を招くこともあるようです。

メンタルにも悪影響

血糖値が乱高下することにより、
精神的な病にも繋がると言われています。

血糖値が安定しないと、イライラが抑えられなくなったり
不安感に襲われたり、やる気が全く出なかったり
急な眠気に襲われたりします。

うつも砂糖との関連があるとも言われていて、
うつ病の改善と食生活の改善は切っても切れない関係にあるようです。

砂糖依存症になる

砂糖が好きな人はわかるかと思いますが、
砂糖には中毒性があって、
食べ始めるともっと食べたくなります…!
砂糖は強い中毒性から、
マイルドドラッグ」とも言われているのです。

砂糖を食べ過ぎると、「砂糖依存症」になってしまい
悪循環から抜け出せなくなってしまうのです。

妊活にも関係がある…!?

私は以前、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)と診断されたことがありました。
多嚢胞性卵胞症候群は排卵障害でよくみられる疾患で
卵巣をエコーで見るとネックレスサインと呼ばれるものが見られます。
排卵しなかった古い卵が卵巣の外側に連なって
硬くなってしまっているものだそう。
それが余計に排卵をしにくくさせているのです。

この多嚢胞性卵胞症候群の原因は、
 ①ホルモン分泌異常
 ②糖代謝異常

と言われています。

ホルモン分泌は、血糖値とも関連があり、
砂糖の摂り過ぎも無関係とは言えないでしょう。
糖代謝異常も同じことです。

多嚢胞性卵胞症候群の改善には
ホルモン剤が用いられることが多いのですが、
食事の改善(主に糖質の減量)により
症状も良くすることができるとも言われているのです。

毎月の月経前の不快な月経前緊張症候群や多嚢胞性卵胞症候群も糖質の過剰で悪化することから症状緩和には、薬やホルモン剤を使用する前に糖質を止めるだけで症状を改善できます。

https://gan-senshiniryo.jp/nutrition/post_781

染色体異常も減らすことができる?

また、砂糖は酵素の働きを抑えてしまっていると言われています。
酵素の働きというのは、からだ全体を正常に保つ働きで、
メチレーションと呼ばれます。

メチレーションの働きは、

・遺伝子のスイッチをON/OFFにする

・化学物質や体内毒素を解毒する

・神経伝達物質の合成やホルモンを分泌する

・DNAやRNAの合成や修復を行う

・分化に必要なタンパク質を作り出す

http://www.yuiclinic.com/information/2511/

このようなものがあります。
妊活において、とても重要な働きだと思いませんか…?

ホルモンの分泌にも影響しますし
染色体異常が減れば、染色体異常で
自然淘汰される確率も減って妊娠しやすくもなります。
砂糖の摂取量が妊娠のしやすさにも
影響している可能性は高い
と考えられます。

砂糖を摂りすぎていないかチェックしてみよう

妊活している方は特に、無意識のうちに
砂糖を摂りすぎていないかチェックしていただきたいものです。
外食や買い弁が多かったり、
お惣菜や手軽なミールキットを使うことが多い方は
買い物の際に商品の裏面の成分表示をチェックしてみてください。

そして、清涼飲料水を飲むことが多い方、
甘い飲み物を毎日飲む方、お菓子が大好きな方など、
砂糖を摂りすぎていないか、振り返ってみましょう。

砂糖が多いと感じたら、
砂糖断ち」してみることをおすすめします( ˘ω˘ )