前編では、「待つこと」について掘り下げてみました。
待つことに慣れていない現代人にとって、
待つことばっかりの妊活・不妊治療は辛いものです。

後編では、そんな辛い「待ち時間」を少しでも軽くする方法を
考えていきます!

どんな風に「待つ」のがいいのか?

精神衛生上、どんな風に待つことが気持ちをラクにするのでしょうか?
私が考えるラクな「待ち方」を挙げてみたいと思います。

「今」に集中する

よくある考え方の一つですが、そのときその時にやっていることに集中して
それ以外のことについて考えることをやめる、ということです。

私は京都にいた時に、何度か座禅をしに
早朝にお寺に出かけたことがあります。
そこでは、坐禅をして、お粥をいただき、
作務(庭のお掃除)をして帰ります。

お坊さんがやっていることを体験できるのですが、
この座禅体験では、これらの動作一つひとつに集中して
やるように指導されます。

座禅では、呼吸の仕方に集中し、
お粥をいただく時には、音を立てないよう、お粥の味をしっかり味わっていただき、
作務の時にはただひたすらにお庭をきれいにする。

まさに、このことです。
やるべきことに意識を100%集中させるのです。
ちょっと前に流行った、マインドフルネスの基本と一緒です。
「今、ここ」に集中するのです。

お仕事ならば、お仕事に集中してこなし、
お料理ならば、丁寧に材料をカットして味の調整も神経を集中させてやってみる。
お掃除も同じ。汚れをなくすように集中して行う。

集中する、ということは、
他の思考を止めることにもなるのです。

自分と向き合う

考えすぎてしまって疲れた時におすすめのアクション。
考えすぎるって、とっても贅沢なことだと思うんです。
今は子育て中で悩む暇もないくらい、時間があっという間に過ぎていきます。
過去の自分を思い返してみると、考え過ぎている時って
暇な時なんですよね…( ;∀;)
グサっときた方、ごめんなさい…。

でも時間があるって、本当にいいこと。
時間があってせっかく頭を使うならば、前向きなことを考えたいですよね。

そんな時におすすめなのが、自分と向き合うこと。
意外とわかっていない、自分のこと。

欲しいものリスト、いきたいとこリスト、やりたいことリスト…
自分の欲求を思うがまま、書き出してみてください。
ちょっとワクワクしてくるはずです。

そしてお休みの日には、欲しいものを買いに出かけたり、
行きたいところに足を運んだり、
やってみたかったことを是非ともやってみてください。

それだけでもストレス発散になるはずです( ˘ω˘ )

ヨガをやってみる

不妊治療中、私はヨガ教室に通っていました。
いろんなヨガがありますが、
私はアクティブな動きの多い、アシュタンガヨガが好きでした。

いろんなヨガがあっても、ヨガの基本は同じ。
呼吸を整えて、呼吸に合わせて動いていきます。

中医学的にも呼吸は大切で、深呼吸を日常に取り入れていくと
からだにも、こころにも良い影響があると言われています。

ヨガをすると、意識的に呼吸を整えることになります。
普段の呼吸って、思っている以上に浅いです。
そのため、意識して呼吸をするヨガを定期的に行うということは、
呼吸を整えることにつながり、メンタルにもいい影響を及ぼすのです。

なかなかヨガに通えない、という方は、瞑想もおすすめです。
ゆっくりと呼吸に意識を向けて、
深い呼吸を心がけて行ってみてください。

病院の待ち時間では…

私は不妊治療中は、病院に本を持っていって読んでいました。
「待たされている」と思ってしまうと、
どうしても時間が長く感じてしまうもの。

それならば、好きなことをして没頭してしまえば、
時間も気になりません。
読みたい本をたくさんピックアップしておいて、
それを常に持っておく。
そうすれば長い待ち時間も短く感じられました。

気になったら時間を決めて悩んでみる

いろいろ「待ち方」を挙げてみましたが、
それでもやっぱり治療のことが頭を過ぎってしまう…
という場合には、時間を決めて悩む、ということがおすすめです!

よし!あと30分だけ、着床について調べてみよう!と決めて、
タイマーをセットして、集中して調べてみたり、考えたりしてみる。

そのあとは一切考えるのをやめるのです。
時間がきたら、窓掃除をしよう!とか、
ちょっと散歩に出かけよう!とか、
すぐ別の行動に移るようにすれば、
思考から脱却できるでしょう。

まずは試してみて…!

これを読んで、その程度か〜と思った方もいるかもしれません。
でも、大切なのは、この程度のことでも、やってみること
一つでもご自身でできそうなことを生活に取り入れてみてください。
考えるのとやるのとでは大きな差になります…!

一つのことでも、今までの自分の固まった型を
変化させることができるかもしれません。
行動することは本当に大切です。

頭の中で考えていても、行動がなければ結果は変わりません
少しずつでも行動を起こして、からだやこころの状態に
変化を与えてみてくださいね( ´ ▽ ` )

著者
アバター

管理人ひとみ

30代主婦。2016年夏、不妊治療を開始。2017年春、成功しないまま不妊治療終了。 2017年夏、自然妊娠にて妊娠し、2018年3月に男の子を出産、2020年2月に男の子を出産予定。 国際薬膳師の資格を持っており、千葉で薬膳教室を開催。 (妊娠出産のため2019年12月現在お休み中。)

コメントを残す