前回までは、陰陽説について説明しました。
今回からは五行説についてお話ししていこうと思います!

五行説とは…?

五行説とは、

「自然界はすべて5つの要素に分類できる。
 この5つの要素は異なる性質を持ち、
 たがいを生み出しあい、また、制御しあっている。」

という理論です。

5つの要素とは…?

ここに出てくる5つの要素というのは、
木・火・土・金・水
の5つです。
「もっかどごんすい」とも言われます。

自然界のすべては五行説によって説明できる

この5つの要素というのは万能で、
あらゆるものに当てはめることができます。

基本の五行から説明していきましょう!

 は薪となり、を生み出します。
が燃え尽きると灰が残ります。
 この灰はとなります。
の中からが掘り出されます。
属を置いておくと、周りに水滴がつきます。
を育てます。
 (戻る。)

このように、自然界は循環して生み出しあって秩序を保っています
もう一つ、制御し合う関係も説明することができます。

 は根っこによってを支えます。
 (だから山は崩れない)
は土手となり川の水を漏れ出さないように抑えます。
を消します。
属を溶かします。
属はを切り倒します。

このような制御し合う関係でも成り立っており、
自然界はこのシステムによって安定を保っていると言えるでしょう。

あらゆるものに当てはめられる

この五行は、自然界のあらゆるものに当てはめられます。
それは、季節空気の変化であったり、方位
人間の臓腑感情、そのほかの組織、
味覚十干などなど。

本当にあらゆるものに当てはめられるのです。
そこから東洋の占いや中医学などに派生していきます。

自然界の法則そのものなので、ありとあらゆるものが
この法則通り働きます。
なので、人間関係も同じ。
性格もこの五行にざっくりと分けられますので、
この法則の通りに相性の良い人、悪い人という
大まかな傾向が掴めるのです。
(またの機会に説明できたらと思います。)

というわけで、五行の基本はご理解いただけましたでしょうか?
次は、五行の要素一つひとつについて説明していきたいと思います!